公募情報

更新/2023.7.19

東峰村・添田町に滞在し
作曲活動を行う方を募集します。

目 的
2017年(平成29年)の九州北部豪雨で被災したJR日田彦山線。不通区間となった添田駅から夜明・日田駅間については、2023年8月に日田彦山線BRT(※)として開業します。
BRT開業をきっかけに地域に注目が集まる仕掛けづくりの一環として、音楽家の方々に日田彦山線沿線地域である福岡県東峰村・添田町(以下、「沿線地域」という。)に一定期間滞在いただき、地域交流や地域での活動の情報発信を行いながら、作曲活動を行うことで、沿線地域の活性化につなげるとともに、関係人口・交流人口(※)の拡大を目指すことを目的としています。

※BRT:バス高速輸送システム
※関係人口:地域と多様に関わる人々を指します。 ※交流人口:その地域を訪れる人々を指します。

地域情報

清らかな水が湧き、のどかな里山の風景が
広がる焼物の里 東峰村。

東峰村
東峰村

東峰村ってどんなところ?

福岡県中央部の東端に位置する東峰村は、人口約2,000人の小さな村で、都会では薄れつつある人と人の繋がりをしっかりと感じられる土地です。こんこんと湧きだす清らかな水や日本の棚田百選に選ばれた竹地区の棚田など日本の原風景が今なお残っており、誰もが懐かしさや安らぎを感じることでしょう。

また、焼物の里として知られ、小石原焼や髙取焼を作る窯元が点在していて、きっと自分だけのお気に入りを見つけられるはず。
自然の中で遊ぶ場所もたくさんあるので、思い思いの過ごし方で忘れられない1日をつくってください。

絶景のロケーションが広がる添田。
英彦山まるごとパワースポット!!

添田町
添田町

添田町ってどんなところ?

福岡県内の町の中で2番目に広い面積を有している添田町は、その約8割を森林が占める緑あふれる自然いっぱいの町で、2021年度に町制施行110周年を迎えました。町のシンボルである「英彦山(ひこさん)」は、日本三大修験道のひとつに数えられ、神の山として信仰されてきました。江戸時代には約3,000人もの人々で栄え、山伏が厳しい修行に明け暮れた、まさに「山伏の郷」でもあります。そんな豊かな自然と歴史から生み出された町、「添田町」へちょっと出かけてみませんか?
きっといつものあなたに素敵な彩りを添えてくれるはず。

公募概要
(1)沿線地域に一定期間滞在いただき、地域交流や地域での活動の情報発信を行いながら、
   沿線地域で作曲活動いただく音楽家を募集します。
(2)参加者は、書類・音源(演奏している姿を録画したデータ)にて選考します。
(3)募集期間は2023年7月~9月です。
※詳細は下記「募集要項」をご確認ください。

他の記事を読む